HSPらしい働き方・生き方の情報を受け取る

HSPキャリアカウンセリング 適職 転職 就活 仕事選び 起業準備 人間関係 当事者セミナー

HSPらしさを思い出すメルマガ

HSPはリラックスが苦手!? ~頭ではわかっててもできないあなたへ~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

「リラックスしてね」

緊張していたり、一生懸命やっているときに、
こう声をかけられたら、あなたはどう反応しますか?

 

私は、声をかけられたことで神経がたかぶってしまい、
首や肩にギュッと力が入ってしまうのです。

 

ためしに、ご相談に来られるHSPやエンパスの方に伺ったところ、

「逆にもっと緊張してしまうんです・・・」

と、まさに顔をこわばらせて答える方のほうが多いです!

 

(私だけかと思ってたんで、安心しました・・・)

 

そんな私でも、仕事の後は、まだリラックスモードに入れます。

 

参照記事
人疲れ、電磁波、光。お風呂で落として休もう。

 

一方で、日中、緊張しすぎていると、
緊張が当たり前になり、リラックス状態がわからなくなるんですよ。

 

もしあなたが、「リラックス迷子」になっていたら、この記事が参考になるかもしれません。

 

 

なぜ緊張したままなの?

 

HSPはものごとをひきずりやすいタチ。
いちど緊張してしまうと、心も体もなかなかほどけないものです。

だからHSPだと緊張したままになりがちなんです。

 

もうひとつ加えると、
HSPって状況を複雑に考えてしまいませんか?

 

「心と体がずっと緊張したままだ!」と気がつくと、
ずっと緊張したままな状態に反応しすぎて、
いっそう神経がたかぶるんですね。

 

たかぶった状態が続くとストレスになりますから、
なんとかしなくちゃ!と考えだします。

 

問題を解決したら安心できるのに!
とか

いますぐ対応しなくちゃ!
と真剣に取り組んでしまいませんか?

 

すると、いつのまにか、悩みが大きくなっていたり、
まだ起きていないこと将来のことまで不安になったりします。

 

・・・これでは、いつまでも緊張したままですよね。

 

 

緊張がとれないときの対策

 

HSPがものごとを複雑にとらえて、
「緊張が緊張を呼ぶ悪循環」におちいったとき、
どうしたらいいのでしょうか?

すこし視点をずらしたり、緊張している状態をちがう角度からとらえなおすとよいのです。

 

1.のびをする

 

体をほぐすと、心にも余裕がうまれて、頭の回転もおさまりやすくなります。

 

2.問題を解決するために充電する、と考え直す

 

考えすぎて問題が大きくなったときは、

大きな問題だからこそ、すぐ解決できたらいいのに!
と一生懸命に取り組みたくなります。

たとえば、体調不良で休んだのに、
仕事が気になって落ち着かないこと、ありますよね。

 

職場には出かけられない。
今日休むと仕事がたまる。

と葛藤しているうちに、仕事がたまって苦労している自分のイメージにとりつかれたようになります!

 

そんなときは、
明日のために、いま、休もう
と「いま」に気持ちをもどしてくださいね。

 

スマホは、充電が切れると使えません。
あなたも、充電しないと動けないんですよ。

 

 

3.リラックスできないことをかかえこまない

 

HSPは、雑談や相談が得意でないことが多いですよね。

・問題をうまく説明できないかもしれない
・こんな話をしたら相手に負担をかけるかもしれない
・悩みを打ち明けても、どうせとりあってもらえない

と思っているのです。

 

なかなか思うように、周りとコミュニケーションがとれないこともありますが、
「自分の状態を打ち明けるだけ」ということにしてみませんか。

リラックスしづらい状態にあるんだ、とただ話すだけでいいのです。
相手には、「ただ聞いてもらいたいんだ」とあらかじめ伝えれると、よいでしょう。

問題を解決しようとせず、状態を打ち明けるだけの会話は、気持ちを落ちつける効果があるんですよ。

 

 

 

考えすぎてリラックスしづらいHSP向けのヒント、いかがでしたか。
ほんのちょっとでも、気持ちのたかぶりがやわらぎますように。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© HSP専門キャリア&ライフコンサルティング , 2018 All Rights Reserved.