お知らせ・最新情報をフォロー

繊細な人の人間関係と仕事をカウンセリング

セミナー「HSP・エンパス向けの適職選び 4つのステップ」開催レポ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

11/23は、

 

HSP・エンパス向けの適職選び 

4つのステップ

 

を開催しました。

 

 

 

今回は3名の方が受講。

 

 

 

雨の中、無事にお越しいただき、

 

長時間のワークをこなせて、

 

ホッとしました・・・!

 

 

 

今回は、セミナー開催レポを、

 

受講された方々のご感想と一緒に

 

書いていきたいと思います!

 

 

 

 

 

セミナーの内容

 

 

話した内容は、

 

[永久保存版]

HSP・エンパス 適職選び 4つのステップ 

 

をベースにしています。

 

 

 

リアルでお話しする場だから、

 

ブログ記事以上の内容を伝えました。

 

 

 

受講者の方々の様子を聞きながら、

 

わかりやすい例えを使いましたし、

 

ワーク内容も、

 

やはり受講者の方々の傾向にあわせて

 

臨機応変に調整しましたね。

 

 

 

どんな知識も、

 

実際に練習し、

 

その場でフォローがある、

 

った効果がわかる。

 

これが一番身につきます!

 

 

 

「適職選び」の視点を保ちつつ、

 

常に意識しておきたい

 

「私はどうしたいか」

 

何度も考えていただけたと思います。

 

 

「自分」に集中する場と時間でした

 

自己啓発セミナーや研修では、

 

参加者どうしで自己紹介をしたりします。

 

 

 

それは理由があるんですね。

 

 

 

まずは、その場の緊張をやわらげるため。

 

あとは、はじめて会う人に、

 

自分の内面的な話をしやすくするためです。

 

 

 

ですが、

 

私のセミナーはHSPやエンパスなど、

 

すごく敏感な方むけ。

 

 

 

他の人と交流するのが

 

本当は苦手な人もいます。

 

 

 

だからあえて、

 

場をやわらげたり、

 

仲良くなってもらおうと

 

しませんでした。

 

 

 

ひたすら

 

「自分」

 

に集中するのが目的!

 

 

 

私はしょっぱなから内容に入り、

 

皆様は、心地よい集中力で

 

取り組んでましたね~。

 

 

 

セミナーで得てほしかったこと

 

もともとこのセミナー、

 

「脱・転職ジプシー」

 

としてお知らせしていたもの。

 

 

 

自分で言うのもなんですが、

 

私が、ジプシーだった期間が長い。

 

 

 

ジプシー、って、

 

自分が何をしたいかわからなくて、

 

次々と興味の対象をかえる姿

 

のこと。

 

 

 

仕事、生き方、

 

全てさまよってた時期に、

 

自分を受け入れないまま

 

ノウハウだけ学びまくり。

 

 

 

知識を得たら、

 

自分がやりたいことがわかる。

 

そう思っていましたね。

 

 

 

すごい他力本願な生き方。

 

 

 

自分の気持ちと考えに

 

素直になった上で、

 

ノウハウを使いこなせばいい。

 

 

 

そうわかったのは、ここ数年のことです。

 

 

 

迷った時期がムダだったわけじゃない。

 

けれど、

 

ノウハウを自分で使いこなす場に

 

はやく出会えていたら・・・

 

と何度後悔したかわかりません!

 

 

 

今回のセミナーを受講された皆様が、

 

あの時、学んでおいてよかったな。

 

と思っていただければ嬉しいです!

 

 

 

受講生にはどう伝わったか

 

今日のこの場、この時間を過ごす間は、

 

誰よりも自分に遠慮するのをやめて、

 

思い切り将来を描いてもらおう!

 

との思いをこめて開催しました。

 

 

 

話したことを

 

どのように受け止めていただいたか、

 

ご感想をいただきました!

 

 

 

受講前は、

パーソナリティタイプ分けや、

タイプの活用が難しいのでは?

と思っていました。

 

実際には

わかりやすく説明をしていただけました。

 

パーソナリティタイプを活かした

仕事や働き方も、

自分一人で考えていると

間違った解釈をしそうですが、

直接プロの方から教わったほうが

理解が深まりました。

 

いくつかワークした上で、

発表できるようにまとめることで、

学んだことが形になり、

セミナー後も応用できるよう、

慣れることができました。

 

 

パーソナリティタイプは

とてもわかりやすいと感じました。

 

私の場合は、納得できる結果だったので、

おかげでどこか

ほっとしてた部分もありました。

今日ここへ来たことで

確認できたこともあり、

参加できてよかったです。

 

今日の宣言を時折見直し、

前進していきます。

ありがとうございました。

 

 

パーソナリティタイプがわかり、

自分の強みと弱みがわかって

よかったです。

 

状況によって

その内容は変わりそうですが、

そうであっても、

その時の自分には

あり得ない仕事がわかるもの

だと思います。

 

だから、

仕事選びでの大きい痛手は

避けられるかと思いました。

 

頭と行動を整理する

グリッドワーク

もあらゆる場面で活かせそうなので、

時や必要に応じて

活用してみようと思います。

 

本日はありがとうございました!

 

 

 

こちらこそ、ご参加ありがとうございました!

 

 

 

セミナーを終えてみて思うこと

 

 

ご感想をみると、パーソナリティタイプは

 

やはりインパクトがあったとわかりました。

 

 

 

適職診断では

 

「どの仕事が向いているか」だけ

 

に目が行くと思います。

 

 

私が伝えたいのは、

 

自分がここちよく、

力を発揮する

状態や条件も大切だよ

 

という点

 

 

 

自分にあってる

 

コトやモノだけを追うと、

 

そのコトやモノ

 

飽きた時、

 

時代が変わった時、

 

そのコトやモノに

 

価値がなくなったら

 

困りますよね

 

 

 

自分の居場所がなくなったように感じて

 

焦りますよね。

 

 

 

 時代やトレンドは必ず変化する。  

 

 その波を乗りこなして、 

 

 楽しむための知識と考え方があるし、  

 

 そのために自分の感覚と意志に素直になる大切さ。 

 

 

ここに気がついてもらいたかったんです。

 

 

 

パーソナリティタイプは知識であり、

 

自分を客観的にとらえ、

 

現実での位置づけを見つける道具。

 

 

 

HSPやエンパスには、

 

パーソナリティタイプでわかる特徴そして

 

生まれ持った感受性という強み

 

がある。

 

 

 

受講生の皆様は、

 

強みと道具を使いこなして、

 

楽しんでいけると確信しました!

 

 

 

終わりに

 

ちょっと打ち明けますと。

 

私、もともと

 

アマチュアバンドのヴォーカル

 

なんですよ。

 

 

 

セミナーは、(個別相談も)

 

客席とのかけあい。

 

 

 

同じ曲を何度演奏しても、

 

同じ場、同じ感覚は二つとない。

 

 

 

これからも、

 

HSPやエンパスの方にお会いするたび、

 

どんなライブになるのかが楽しみです!

 

 

 

ライブといっても、

 

話は静かに伝えて、

 

ワークは各自黙々として、

 

受講生同士で言葉を交わすのは

 

一番最後だけ。

 

 

 

みなさん敏感だから、

 

わざわざ口にしなくても、

 

話を聞いたりワークをするだけで、

 

たくさん感じ、考え、思いをはせる。

 

 

 

そんな「ライブ」でした。

 

 

 

次回は来年の開催ですね。

 

どんなコンセプトで開催するか、

 

ゆっくり練ります。

 

 

 

今回参加できなかった方、

 

楽しみにしていてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 敏感なHSP・エンパスの相談室 , 2017 All Rights Reserved.