HSPらしい働き方・生き方の情報を受け取る

HSPキャリアカウンセリング 適職 転職 就活 仕事選び 起業準備 人間関係 当事者セミナー

HSPらしさを思い出すメルマガ

HSPとして転職活動をすべきか迷う時

 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

環境があわないから、今の職場がもうイヤだ。だけど、次がみつかるかな・・・。

人間関係に耐えられず、辞めて、1年近くたつが、就活の気力がわかない。

 

 

このように、仕事のストレスを抱えて過ごしているHSPの方々のお話を、日々聞いています。

 

 

パッと見、それぞれ違うストレスを抱えているように見えますが、実は、奥深いところでは同じストレスを抱えているのです。

そのストレスとは・・・

 

またイヤな想いをするのでは・・・という恐れです。

 

 

この葛藤のなかみをよくみてみましょう。

 

 

環境が合わないから、今の職場を辞めたいよ・・・

でも、仕事がすぐに見つかるかな・・・?

見つかっても、似たようなタイプの上司にあたるかもしれないよな・・・。

給料、下がる可能性だってあるし、そもそも仕事が見つからないかもしれないよな・・・。

辞めるのがいいのか、ガマンして残ったらいいのか、あああああ・・・

 

がんばってがんばって・・・

燃え尽きてしまって、退職せざるを得なかった。

一度辞めたら、気が抜けちゃって。

仕事しなきゃいけない、そんなのわかってる。でも、なんかエンジンがかかんないんだよ。

っていうか、働くの、怖い・・・

 

 

HSPは、ものごとを、できるだけあらゆることを想定して、熟考してからでないと納得できない一面がありますよね。

ところが、熟考するうちに、未来への不安まで想定してしまうのです。

 

 

たとえば、新しい職場に移っても、同じような目にあうのではないか?とか、

そもそも新しい仕事が見つからない可能性のほうが大きいのでは?といったように、ですね。

 

 

HSPの過敏さを、「傷つく可能性に過敏に反応してしまうことが問題」のようにおもうかもしれません。

 

 

でも本当の対策は、現実を視野に入れて、やれることをやっていくステップを踏む時に、過敏になりすぎないように進むことだとおもうんです。

傷つく可能性を恐れる気持ちは、誰でももつもの。

 

 

ですが、傷つく可能性を恐れて行動できないでいると、行動ができないことがものすごいストレスになります。

そう、いつのまにか、ストレスが増えてしまう感じですね。

 

 

 

 

これまで起きてしまったことや、過去に受けた傷をなかったことには、できないと思います。

私たちHSPが未来に希望を持ち続けるには、前へ進むことができるんだ、と感じられるようになること、

そのために、未来へ進む時に、自分ができることを少しずつ、積み重ねていくことだと思っています。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© HSP専門キャリア&ライフコンサルティング , 2019 All Rights Reserved.