コラム更新やセミナー情報を公開前におしらせ!

HSPやエンパスの人間関係と仕事をじっくりカウンセリング

HSPやエンパスって治るの? ~HSPやエンパスを自分のものにする~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

 

 

HSPやエンパスなど、

敏感すぎる方々からのご相談を窺っていると、

 

こういう敏感さって、

消えないんですか?

 

と聞かれることがあります。

 

 

 

 

敏感すぎるのはHSPとかエンパスだ、

そうわかっても、

敏感すぎるつらさはすぐになくならない。

 

 

いっそ、

病気みたいに治療できたらラクなのに!

 

 

だけど病気じゃない、

でもなんとか消えればいいのに!

と思いたくなりますよね。

 

 

 

 

敏感すぎるのは「気質」です。

【HSP総まとめ】敏感で繊細。感受性豊かな”HSP”とは ~私は何者?~


 

 

病気ではないので、

治るものでは、ないんですね・・・。

 

 

どうしたらいいかというと、

 

自分にとってHSPやエンパスとは?

をよく理解して、

受け入れて、

どう生きたいかに合わせて

上手に付き合っていくんです。

 

 

具体的にみていきましょう。

 

 

 

 

敏感すぎるから、

長時間ひとと過ごせない。

 

だけど、

おしゃべりすることは好き。

 

 

友達、パートナーは

やっぱりほしい。

 

だけど、

こんな私でも

人とやっていけるのかしら?

 

そもそも、

人が好きな私は、

HSPじゃないのかも??

 

 

 

 

あらら、

少し考えすぎてしまいましたね。

 

人と接することが好きかどうか、

と、

敏感すぎることは、別です。

 

 

人と接することが好きなのは、性格

 

だけど、

ずっと人といると、

刺激が強すぎて疲れるのは、気質

 

 

 

 

例えば、

人と過ごすのが好きな性格を

活かしたいと思ったら、

いろいろ工夫が考えられますよね。

 

 

友達と会うけれど、

一緒にいる時間を3時間まで、にする。

 

または、

たくさん遊んだ翌日は、

予定を入れないで一人になる。

 

時間になったら、

ごめん、

ちょっと疲れてきたから帰るね、

を、相手をフォローしながら伝える。

 

一緒にいる間は、

思い切り楽しむ。

 

 

 

 

敏感でないタイプの人と

同じように行動するのではなく、

 

自分ができるだけリラックスしつつ

心地よい過ごし方をするには、

どうしたらいいか?

 

と考えてみるとよいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 敏感なHSP・エンパスの相談室 , 2018 All Rights Reserved.