HSPらしい働き方・生き方の情報を受け取る

HSPキャリアカウンセリング 適職 転職 就活 仕事選び 起業準備 人間関係 当事者セミナー

HSPらしさを思い出すメルマガ

HSPの幸せはHSPを受け入れることから始まる

 
HSP 体感
この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

このサイトでもお伝えしているとおり、HSPセミナーを開催しています。

このブログやSNSで、HSPのことを発信していますが、やはり実際にあって話をして「体感」するほうがわかりやすいからです。

 

セミナーをしようと思ったきっかけは、SNSやメールでのメッセージのやりとりがものたりなかったから。

 

私の専門はキャリアコンサルティングで、「ご相談者さまが人生を通じてどう働くか」をサポートしていますが、

 

HSPやエンパスの方に関しては、「適職」とか「転職ノウハウ」を伝えるだけだと、どうもスッキリしない・・・と感じる方が多いのです。

 

なぜでしょうか?

 

それは、HSPには、

意味
目的
理由
目標
理由
意義

が必要だからです。

 

ただただ「〇〇職」につけばよい、だと、なんか満足できない。

 

なぜその仕事が私にあってるの?
その仕事は社会でどんな役割があるの?
私はその仕事を通じて、人生で何をまっとうするんだろう。
私がその仕事をすることで、誰の役にたつ?
その作業は、結局、どこに向かっていくの?

そういうところまで知って「納得」してからじゃないと、退職も転職も独立も不安が残ってしまうんですね。

 

もうすこし話を広げると、

私にとってHSPってどういうこと?
HSPを含めた私ってどんな人間??
私はどんな人生を生きたいかといった「私」+「人生」+「仕事」が深いところでマッチングした状態を望んでいらっしゃる方がとても多いんですね。

HSPの適職=天職のヒント ~飽きっぽさと罪悪感を乗り越える~

 

HSPは気持ちや考えにウソがつけないピュアな心の持ち主。

世の中の荒波についていけないかもしれない・・・
こんなヤワな性格では普通の生活、できないのでは?

と悩んでいらっしゃる方は、徹底的にHSPを理解してみませんか?

 

本やネットの情報で自分を判断せず、他の方のエピソードを聞いたり、HSPの専門家に、HSPかどうかを確認してもらうだけでも、生きていくことへの不安、働けるかどうかの不安が軽くなりますよ。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© HSP専門キャリア&ライフコンサルティング , 2018 All Rights Reserved.