コラム更新やセミナー情報を公開前におしらせ!

HSPやエンパスの人間関係と仕事をじっくりカウンセリング

HSPの4つの特徴”DOES”を感じてみよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

HSPについてリサーチすると、”心優しくて傷つきやすい性格”など、イメージしやすい表現がいろいろありますね。

 

この記事でもお伝えしているとおり、HSPは気質。外見や行動を観察していても、HSPかどうかはわかりません。HSPの方の内なる世界で起きている反応を理解すると、HSPの特徴がよくわかります。

HSPの第一人者、エレイン・アーロン博士は、HSPの特徴を4つにまとめ、特徴をあらわす英語の頭文字をとって”DOES(1)”(ダズ、ドゥーズ と発音)と呼んでいます。

 

この記事では、DOESをイメージでお伝えしようとおもいます!ひとつひとつ、味わってみてくださいね。

 

(1):DOES日本語訳引用元:ひといちばい敏感な子 エレイン・アーロン著、明橋大二訳

D:深く処理する

 

HSPは、他の人とくらべて、情報をたくさん認識します。同じ状況にあっても、とりこんでいる情報量が圧倒的に多いため、処理に時間がかかります。取り込んだ情報を、まるでドリップコーヒーのようにろ過する様子、思い浮かべてみてくださいね。

 

 

O:過剰に刺激をうけやすい

 

HSPは、他の人が気づかないことに気がついたり、気がついたことについてじっくり考えるうちに、さらに敏感さが増します。瞬間湯沸かし器でお湯がすぐ沸くように、パッ!と神経はたかぶり、いったん沸騰したお湯がしばらくグツグツするのと同じように、気持ちが穏やかになるのに時間が必要です。

ポジティブなこともネガティブなことにも、同じような度合いで神経がたかぶります。遠足の前の日に、楽しみでたまらなくて眠れないほどテンションが高いときもあれば、廊下を歩いていて突然ドアが開き、飛び上がるほどびっくりしたりします。

 

 

E:感情反応が強く、共感力が高い

 

脳が情報を処理するときに、感情が結びつきます。HSPは情報を”深く”処理しますから、結びつく感情も大きくなります。

春が近づいてきたころ、道端に小さな花を見かけ、感動して心が深くうごかされたり、映画やドラマを見てすぐ涙ぐんでしまう感性の豊かさ、あなたにもありませんか?

 

S:ささいな刺激を察知する

 

HSPは、五感でキャッチする情報と感情が連動します。職場についたら、なんか今日は雰囲気が違うなあ・・・と感じること、ありますよね。

ここでクイズです。左右のイラスト、微妙に違いがあります。どこでしょうか?

答え:うさぎの口元

まちがいさがしのとき、最初にうさぎの表情を確認した方が多いと思います。いかがでしょう?
(うさぎよりもイチゴが好きな方はイチゴをみたかもしれませんね!)

 

あなたにもDOES、ありましたか?

 

HSPの4つの特徴”DOES”を味わっていただけたかとおもいます。HSPの方でしたら、きっと「ウンウン!」「コレコレ!」と大きく頭をタテにふりながら楽しんでいただけたかとおもいます。

DOESすべてにあてはまることがHSPである条件です。HSPチェックテストとあわせて確認してみてくださいね。

 

 

補足:
当相談室では、HSPの特徴すべてに当てはまらなかった方も、人生とキャリアについてご相談いただけます!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 敏感なHSP・エンパスの相談室 , 2018 All Rights Reserved.