HSPセミナー、開催予定はLINEで!

HSPなど敏感すぎる方の感受性豊かな人生とキャリアをサポート 銀座・全国

【HSPセミナー基礎編】10月より価格改定

HSPなら、並はずれな波にのろう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

HSP専門キャリアコンサルタントの
みさきじゅり です。

 

去年の10月、アメリカの
HSPのリトリート合宿に参加。

 

 

主催のジャックリンさんの話に
しっかりと背中をおしてもらえました。

 

「HSPは、みんなが走るハイウェイ(高速道路)から降りて
 ”Route HSP”(HSP通り)を走るのよ」

 

 

車社会のアメリカならではのたとえに
なるほど、と思いつつ、
ああ、やっぱりコレなんだな、と
確信がもてました。

 

周りの空気を読み、
流行に乗って、
親や周りの話に従うのがよい

 

そんな日本で、
我が道を生きるなんて
なかなか声に出して言いづらかった。

 

けれど、みんなと同じ、は
私たちにとっては無茶なんです。

 

気力体力を使うペース
回復のペース

見ているところや深さ

自動化が進む中で放つ感受性

 

すべてにおいて、
HSPにはHSPなりのシステムが備わっています。

 

HSPをシステムととらえると
システムに逆らうことがいかにムダか、
受け入れやすくなると思います。

 

HSPのシステムに合った生き方や
働き方は、

 

HSPでないシステムからすると
「普通ではない」。

 

そりゃあ、しかたないですよね!
お互いのシステムが違うんだから。

 

しかし、現実社会は、
HSPではないシステムがベースになっています。

 

私たちHSPが、パソコンでいうMacOSを搭載してて
現実社会がWindowsだとすると、
MacOS環境でWindowsを動かすイメージです。

 

エクセルを使わなくちゃならないから、
MacのPCでWindowsを立ち上げる感じ。

 

実際、そういうことは可能ですが
ずーっとやってると、
Macの世界に戻りたくなる。

HSPの日常って、そんな感じですね。

 

MacでWindowsを使ってもいいけど
HSPはHSPなりに生きるほうが、
よっぽど、のびのびする!

 

たとえそれが普通じゃないと言われても、です。

 

だったら・・・

並はずれな生き方をしてもいいじゃないですか?

 

 

 

 コメント、お待ちしています! 

あなたの「並はずれな波」、
話したくなったら・・・

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 敏感なHSP・エンパスの相談室 , 2019 All Rights Reserved.