HSPらしい働き方・生き方の情報を受け取る

HSPキャリアカウンセリング 適職 転職 就活 仕事選び 起業準備 人間関係 当事者セミナー

HSPらしさを思い出すメルマガ

昨今のHSPブームに物申す

 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

 

ドン引きされる覚悟で、思い切り書きます。

 

タイトルに書いた通り、

昨今のHSP「ブーム」がイヤで、

「ブーム」は早く終わってほしい、という話。

 

 

少し前、日本人なら誰でも知ってる某テレビ局から、

番組出演の打診がありました。

 

 

その話は、先方の都合で流れましたが、

連絡をもらった時、

ひどく違和感をおぼえました。

 

 

「みさきさんは、HSPで、エンパスだから、

スゴイですよね!」

持ち上げるように言われたから。

 

 

スゴイって言われた時、カチーーーーーンときた。

「HSPやエンパスのことを、軽々しく扱わないで!」

と思った。

 

 

連絡くださった方には、口調はおだやかに、

でも明確にこう言いました。

 

 

「HSPもエンパスも、そういう”つくり”なだけで

特殊能力でもなんでもありません」と。

 

 

番組の企画側が、ほんとうは何を考えてたのか知りませんが、

HSPやエンパスを、

新種、珍種みたいに取り上げられてる気がしたんです。

 

 

レズビアンやゲイ、Xジェンダー、

発達障害、いろんな障害をもつ人たちや、

昭和世代ならハーフの人たちも、

こういう思いをしてきたんじゃないかな。

 

 

概念として、比較的新しいから、とか

日本人の不登校・ひきこもり・停滞感への答え に

HSPやHSCで説明がつく部分があるのは、

よくわかっています。

 

 

だけど、世間での、

「何コレ新しいキーワード」的に扱われてる感、

ぬぐえないでおります。

 

 

HSPもエンパスも、

その特性を持つ人の「尊厳」にかかる話。

 

 

珍しがられたり、チヤホヤされる話じゃない。

 

 

だから、軽く扱われてると感じると、

カチーーーーーーーーン、とするんです、私は。

 

 

HSPでもエンパスでも、

特性の正しい理解からスタートして、

折り合いをつけて、

ひとりひとりが、社会での役割や居場所を作り

生きたいように生きる。

 

 

その結果、社会の役に立つ。

 

 

私がこれまで言ってきたことは、

今後も同じです。

 

 

軽く扱われるのがイヤだから避ける、なんて

私らしくない。逃げだから。

HSPのこと、世間にちゃんと説明すべきと思ってます。

 

 

だから、メディアからお声がかかったら、

むしろ、どんどん出ていきます。

 

 

気質や特徴を本質的に理解し、受け入れ、

人生やキャリアを設計し、生きるプロセスを

丸ごと味わう。

 

 

HSP、いえ、私が接する全ての人に、

ただそれだけを伝え続け、

私自身の生きざまとして、

活動を続けます。

 

 

あらゆる気質、特徴を持つ人が

自分らしい人生を味わう社会のために。

 

 

最後は決意表明になっちゃいました!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSPの転職・就活・起業・人間関係のコンサルティングをしています。個人セッションやセミナーのほか、オンラインサロン「ちょっと聞きたいHSP」を運営。「敏感すぎる人の仕事の不安がなくなる本」など著書・監修も。 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© HSP専門キャリア&ライフコンサルティング , 2019 All Rights Reserved.