お知らせ・最新情報をフォロー

繊細な人の人間関係と仕事をカウンセリング

HSPはセラピーや癒しを求める傾向がある

 
この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

 

 

今年から本格的に、

HSPやエンパスのカウンセリングをやっていて

 

 

カウンセリングするときのポイントが

いくつか、あります。

 

 

そのうちのひとつが、

 悩んでグルグルしてるのを断ち切ろう 

です。

 

 

 

 

HSPにとって、

自分の感情や考えも、

悩みのタネ なんですよ。

 

 

妄想が妄想を呼ぶ、

そんな状態です。

 

 

(HSPの人って、妄想、得意ですよね?)

 

 

一人で考えていると、

ドツボにはまってしまう。

 

 

そんなときは、

悩んでいることについて

よく知っている専門家に

相談

するのが早くてラク。

 

 

hands_holding_flowers-white

 

 

HSPの提唱者、

エレイン・アーロン博士の書籍からまとめると、

 

HSPは、生涯にわたって、

セラピーや癒しを求める傾向があり、

 

3つほど、理由があるようです。

 

 

1.刺激で疲れやすいのを何とかしたい

 

 

2.自分が周りとなぜ違うのかがわからない

 

 

3.親しい間柄になっても自分のことを打ち明けようとしない

 

 

個人的には、特に、

 3.親しい間柄になっても自分のことを打ち明けようとしない 

があてはまります。

 

 

打ち明けるって、

なかなか、難しいんですよね。

 

 

考えていることを打ち明ける前に、

 

 

どうやって説明したら、

わかってもらえるかしら?

 

とか

 

「え~?

 またまだ、の時もある・・・)

 そんなことで悩んでるの?

 

 

と言われるかもな~

なんて頭によぎると、

さらに考え込むんですよね。

 

 

だからなのですが、

私は、専門家に相談することの方が多い

です。

 

 

このテのことはAさん

ああいうことはBさん

 

というように、

専門家リスト

を持ってます。

 

その中には、

リアルな知人・友人もいれば、

〇〇士、のようなプロもいます。

 

 

悩みをかかえがちなHSPだからこそ、

相談できる専門家リスト

もっておくとよいですよ。

 

 

 仕事、どうしよう? 

 自分に合った働き方、わからない・・・ 

は、国家資格キャリアコンサルタントにお任せくださいね!

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 敏感なHSP・エンパスの相談室 , 2018 All Rights Reserved.