エンパスであることを楽しむ心構え

 
person-people-girl-sun-woman-hair-628722-pxhere.com
この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

 

HSPとは何か?や、エンパスとは?という話をするのは、実はあまり得意ではありません。

 

記事をお読みいただいて感じてる方もいるかもしれませんね!

 

HSPやエンパスとは何か?の説明は、それぞれの提唱者・研究者の方々のおっしゃっているとおりです。

 

一方で、数値で「これがHSPだ、エンパスだ」とはっきり示すのが難しいことでもある、と私は考えています。

 

数字で表せないから、ご本人が「私はHSP、またはエンパスだ」と感じたり、周りの人と比較して「そうなんだ」と思うものと位置づけてます。

 

このブログや、相談室のあり方としては、

私のことをお伝えすることで、「こういう人もいるんだ」とほっとしたり、共感していただければと考えています。

私のこと以外にも、個別相談などを通じて私が見て感じたHSP、エンパスを語ろうと思います。

 

個人情報が特定されない形でお伝えしますので、私とお会いになったことがある方、ご安心くださいね。

 

 

私はエンパスです

 

さて、HSPかエンパスかと聞かれたら、私はエンパス。

会話や概念、状況に浸りきって、五感で感じとります。

これまでいろんなものを感じすぎて、コントロールが効かないな~と思っていました。

 

キャリア・コンサルタントの養成講座で、カウンセリング実習を受けたのがよい学びとなり、自分と他人の区別をつけられるようになりました。

(詳しくは別の機会に書いていきますね。)

 

ここから、エンパスを楽しむ人生が始まりました!

 

 

エンパスを楽しむ人生へ

 

キャリア・コンサルタントの資格を取ったのが2015年、47歳のときです。

若い頃に、楽しいことも悲しいこともたくさん経験したからか、多少のことでは動じなくなりつつあります。

心のゆとりができたとも言えます。

 

2016年に再婚して、公私で、豊かに人生を楽しむ毎日が始まりました。

 

エンパスの力も、日々の暮らしでかなりプラスに使えるようになり、さらに、エンパスだからできる楽しみも増えました。

 

そのうちのひとつが、映画です!

 

 

エンパスだから映画を楽しもう

 

夫とは、ほぼ毎週、映画をみています。

これまで見た本数を数えたら、夫と出会う前を含めて、400以上見ていました。

日本人は平均で年に1~2本映画をみるという調査結果があるそうで、私は多い方に入ります。

 

エンパスの扱い方がよくわからなかった頃は、映画で受ける影響が強すぎて、思い切り浸るのを避けてました。

びっくり屋さんでもあるから、本当は大きな音に反応するのに、驚かないようにしなきゃ・・・と体を硬くしてみていたこともありました。

 

でも、そんな自分でもまあいいや、と開き直ってからは、気兼ねなく映画の世界に浸り、音にびっくりし、笑って泣いて、映画の人物や状況にガッツリ浸ることにしましたよ。

 

 

エンパスを楽しむ心構え

 

いまでは多少ハードな内容でも、ストーリーや設定に共感できれば、いろいろなタイプの映画を楽しめるようになりました。

共感というより、私の場合は、その人・状況になりきる。浸って感じきります。

 

浸る、というのは、共感とは違います。

自分の考えや気持ちがありながら、目の前にいる人の気持ちや考えと区別した上で「私もそう思えるなあ」と感じることとは違うのです。

 

自他の区別をしっかりつけることが、エンパスの力を上手に扱える大きなコツです。

 

 

エンパスとして映画を楽しむ

 

エンパスとうまくつきあって映画をみると、ますます臨場感を楽しめるようになりました!

 

水中を泳ぐシーンでは、私も、体のまわりに水流がめぐるのを感じます。

 

おいしいお料理の香りを楽しむシーンでは、鼻の中に香りが通り、香りに応じて微細な刺激が起こり、これから口にするお料理の味を想像し、口に運ぶ楽しさを感じます。

 

 

面白いのは、リアルな経験とことなり、映画が終わってその映画と「距離をおく」と、「そういう映画もあったね~」とあっさりできる点です。

 

気楽にひたれるんですね。

 

以前は何日間もその映画の世界から抜けられなかったことも多かったですけどね!

 

 

エンパスと上手につきあって変わったこと

 

映画の世界を楽しむ幅が広がったのはもちろん、内容や感覚を引きずりにくくなったので、神経の疲れを引きずらなくなったことですね。

 

あとは、内容を何度も思い出さなくなり(思い出してもオフできる)、余計な考えや思いを抱かなくなりました。

もちろん、激しく印象に残る出来事は引きずります。

それはそれで、よしとしています。

 

 

エンパスを楽しもう

 

今回は映画の楽しみ方を書きました。

 

これは他の状況にも共通することで、楽しむ対象を選ぶことも大切ですね。

 

自分の嫌いなことはむりに楽しもうとしなくてよいのですから。

 

エンパスであることを楽しんでいる様子、またアップします!

 

皆様のHSPやエンパスを楽しんでいる様子も、ぜひ教えて下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
敏感で生きづらい、仕事がつらいHSPやエンパスの方へ、カウンセリングをしています。国家資格キャリアコンサルタント。繊細に見えないと思いますが(笑)、私もHSPでエンパスです。 ★ 詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Please Login to Comment.

Copyright© 敏感なHSP・エンパスの相談室 , 2017 All Rights Reserved.